今与ブランド|今与について|株式会社 今与|Imayo & Co., Ltd.|1861 KYOTO

今与ブランドについて

創業150周年を迎えるにあたって、私たち今与は、今までの歴史を大切にしながら、
さらに可能性を広げていくために、コーポレート・タグラインとシンボル、エンブレムを刷新いたしました。

コーポレート・タグライン
「SHINING」(=輝く)は、これまで以上に「輝き」にこだわる、「HERITAGE」(=資産、遺産)は、想いを込めて代々受け継がれていくジュエリーの「資産」としての価値をより大切にすることを意味しています。
「今に、未来に、輝きを与える」は、社名「今与」を織り込み、「今与は、現在にも未来にも、変わることのない輝きを与え続ける」という理念を表現しています。
コーポレート・シンボル
縦書きにすることで、今与の歴史を紡いできた京都の地の、伝統と和の文化を象徴し、さらに「グローバルに愛されるジュエリーでありたい」との願いから、アルファベット表記としました。
人が立つ姿を思わせるシルエットに「心と心の通い合い、いつまでも変わらない人と人のつながりを大切にしたい」との想いを込め、全体のデザインはバランス良く調和のとれた左右対称としています。
コーポレート・エンブレム
「今与」の「今」の文字と、お客様がのれんをくぐってお見えになる姿をデザイン化しました。京都ならではの文化性、今与の150年の歴史と同時に、「誰もが覗いてみたくなる存在でありたい」との願いを表現しています。
にこやかな人の顔ともなっており、「人と人のつながりを大切にしたい」という私たち今与の想いを込めています。